岡山県青年土地家屋調査士会会長挨拶

 

 この度、岡山県青年土地家屋調査士会会長に新しく就任いたしました眞田です。

 岡山青調会は2011年に設立し、すでに5年目を迎えております。設立時、全国の土地家屋調査士から刺激を受け、自らも動き出さなければ取り残されることに初めて不安を抱いたことをはっきりと覚えています。手探りの中、自分の無知を知り、吸収し成長しようとする意欲の大切さを思い知らされました。この経験は青調会に参加しなければ得られなかったものだと思います。そして昨年、全国青年土地家屋調査士大会in岡山を開催し、全国の土地家屋調査士と共に自分たちの未来を語り合ったことは岡山青調会として大きな経験になっているはずです。

 時間の流れと共に変化し続ける最先端技術、法制度の改革、激減する受験者数、さらにはTPPを含む世界情勢等々、これらに敏感に反応しなければ「土地家屋調査士」という資格制度自体が危うくなるかもしれません。これに備えるためにも、各個人が常に変化する技術や情報に敏感に反応し、吸収する体制を整えておく必要があると考えています。

 岡山青調会も設立から黎明期を過ぎて、そろそろ岡山青調会らしさを見せていかなければならない時期です。積極的に研修会、勉強会、交流会などを行うことで、少しでも多くの情報をいち早く会員の方々へ提供できるような母体になれることを念頭に置いて活動していきたいと思いますので、何卒、ご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願いいたします。

 

平成27105

 

岡山県青年土地家屋調査士会

会 長  眞 田  太